冠婚葬祭のマナーをおさらい

ご祝儀、不祝儀の中身について

社会生活をしている以上は、それなりに冠婚葬祭に参加することが増えます。
そして、それらに対して参加費ではありませんが、いくらかの金子を包むことになります。
それはお祝いのお金であったり、不幸を慰めるお金になるわけですが、それぞれに相場がありますので、考えることが面倒ならばそれに従うだけでよいでしょう。
まず、結婚式の場合ですが、最低で二万円です。
祝儀ではなく、会費という形で支払うこともあります。
会費の場合はその額だけでよいですから、特に考える必要はないです。
最低二万円というのはかなり高いですし、参加するのを躊躇うこともあります。
これは決して悪いことではないのです。
基本的に礼儀としては、断ってはいけないことなのですが、それでもない袖は振れませんので、素直に断るとよいでしょう。
礼儀に適ったことではありませんが、下手に少額の祝儀で参加するよりは遥かにマシです。
葬式の香典にも相場があります。
近所の人、程度であるならば、数千円でいいですが、近親者の場合は数万円は包む必要があります。
兄妹の場合は五万円以上包むのが礼儀です。
礼儀ではあるのですが、前述の通り、ない袖は振れませんから、ない場合は素直に申し出たほうがよいでしょう。